アクセサリー展の準備
イベント・展示会 · 11日 6月 2024
名古屋市のギャラリーマルキーズまで まだ1週間ほどありますが 会場準備をしてきました。 来週から梅雨予報が出ています。 不安なスタートですが おしゃれを楽しむアイテムを多数そろえて お待ちしています。
音符のシリーズに新しい仲間が登場
ブローチ · 14日 4月 2024
少なくなっていたブローチを仕上げました。 トンボのシリーズ・・・トンボは古代より勝虫といわれ、飛び方は《不退転》という武士同精神にあっていると武具の衣装に使われていました。 クモの巣の模様シリーズ ・・・幸運をキャッチする、不運をシャットアウトするものと言われています。 共に縁起がいいということで好評をいただいています。...

イヤーカフ新作
鋳金工房ではイヤーカフを30年以上前から販売しています。 当時は、ほとんど認知されていなかったのですが 最近では説明しなくてもわかっていただけます。 ただ、耳の形や大きさはひとりひとり違っているので、 試着をしてフィット感を調整したほうが良いと思います。...
指輪、ペンダントトップ、ブローチ できました
指輪 · 04日 2月 2024
昨年、神戸の宝飾店で購入した天然石と 名古屋のミネラルショーで購入した天然石を アクセサリー《指輪、ペンダントトップ》に仕上げました。 スプルー線で華奢な線を表現した トンボのブローチと音符のペンダントトップ。 展示会とネットショップ《STORES》でご覧いただけます。 《STORES》は《こちら》 https://tyukincobo.stores.jp/

漆・銅・服他 · 14日 12月 2023
初めて蒔絵をした時の額です。 呂色漆に金蒔絵をしたものです。 図案は同じですが技法が違っています。 《研ぎ出し蒔絵》と《平蒔絵》 《研ぎ出し蒔絵》は、金粉を蒔いて乾いた後 全面に呂色を塗って研ぎだしたもので 《平蒔絵》は金粉を蒔いた上にだけ呂色漆を塗って研ぎだしています。 よく見かける金蒔絵は、2‐3号粉を使って...
イヤークリップが少なくなってきたので 作りました。 鋳金工房のイヤークリップは、k18のバネの力で 付けるタイプです。 バネはご自身の耳に合わせて 絶妙に調整できるので 痛くならずに落としにくいです。 今回は、彫金で10セットほど作りました。 付け方は ネットショップ《STORES》と《Creema》とで説明しているので気になる方はご覧ください。 STORES は こちら...

漆・銅・服他 · 13日 12月 2023
以前漆でいろいろなモノを作っていたことがあります。 素地を地固めする所から 教えてもらったので、呂色で仕上げた定磐を 何枚も作っています。 今回は、その定番に漆で絵を描いた額や 朝熊黄楊に蒔絵や螺鈿を施した ブローチやバレッタを展示用に手直ししました。 朝熊柘植は、三重県伊勢市の朝熊山に自生している 黄楊のことです。...
漆・銅・服他 · 12日 12月 2023
銅鍛金・・・銅板を立体に加工すること。 金属は、金槌で叩くと薄くなるのですが 特殊な金型の上で叩くと厚くなり これを《絞り》といいます。 金型(当てがね)や金槌は作りたい形に合わせて、何十種類もあり 焼きなましをしながら、金属の持つ性質を利用して 思い通りの形に絞っていきます。 アクセサリー作りを始めたころ、金属の特性を知りたくて...

シルバーピアスの在庫が少なくなってきたので 作りました。 ピアスはキャッチ式でパーツもシルバーです。 以前鋳造したものの仕上げないで残っていた チャームがペアであったのでピアスにしました。 だいぶん昔に作ったチャーム 《サザエ》《ヒトデ》《サクラソウ》 この頃は、ゴム型も作っていたので 同じものをたくさん流していました。...
漆・銅・服他 · 10日 12月 2023
オブジェを2個作りました。 ハイヒールとトルソーは銀を鋳造で ステージは銅鍛金で以前作って まとめ切れなくて放置していたんだけど それにツリーをプラスしてピアスとペンダントトップを 掛けました。 今後は展示会で使おうと思います。 ハイヒールは水たまりに木漏れ日が映っているイメージです。...

さらに表示する