プロフィール

 子供のころからモノづくりが好きで

手芸的なモノに、工芸的なモノに 

時間を忘れて没頭していました。

何を作るにしても

自分の好きなモノ、使いたいモノが条件です。

そうして身につけた技術が私の財産です。

中でも自分だけのアクセサリー

売っていないようなアクセサリーを

夢中で作っていて

それがたくさんたまったのでデパートやギャラリーで

展示会をするようになりました。

《鋳金工房》《たった一つのアクセサリー》として

出展しているのを見かけられましたら是非

お声がけください。

 

 

 

♬外宮さんの行事いろいろ

時間があるときや、煮詰まってしまったとき 

ただ何となく外宮さんに出かけたりすると

思わぬ出会いがあります。

そんな日は、一日幸せな気分で過ごせます。

 

1980頃・・・陶芸を始める

1992頃・・・彫金・鋳金・七宝焼きを始める

1994頃・・・鍛金・レリーフを始める

1995頃・・・シルクスクリーンを始める

1996頃・・・樹脂・銅版画を始める

1998頃・・・漆を始める

1995~・・・制作の中心をアクセサリーとし、全国のデパートやギャラリーで活動。現在に至る

鍛金の水差し

実際我が家の庭で使っています

小物入れ

すぐなくしそうなものを入れています

ボンボン入れ

蓋にこだわりました


 

 

色漆絵

唐子とウサギは同時進行で作りました。

唐子の背景は金と銀の平蒔絵です。

ウサギの背景は金の研ぎ出し蒔絵。

どちらも背景を作るだけで1年以上かかっています

研ぎ出し蒔絵のフクロウ

 

同じデザインで、平蒔絵で作った絵もあります。

漆絵は、少しずつ乾かしながら描いていくので、

どれも仕上がるまでに2年ほどかかっています

 


鉄で作ったカラス

スマートだけど、カラスのつもりです。

 

FRP樹脂の胸

原型を作るだけで、2年かかっています。実際に使えるようになるまで、気が遠くなりそうな時間をかけました。

 

 

銅板レリーフ

重いから、あまり持ち歩けない

 

銅版画

エッチングとメゾチントです

年賀状にこだわっていたときは、たくさん作ったけど・・・


 

 

近くの風景